新幹線回数券の買取は要注意!確実に売る方法と裏技公開

新幹線は、回数券で購入すると数%のお得な割引価格で購入が可能です。友人たちと新幹線で出かける場合は、まとめて回数券を買うと代金が節約できるので、旅行や観光に使えば節約ができます。また、会社の出張で同僚達をまとめ買いをする人もいるでしょう。しかし、体調不良など不測の事態で旅行や出張がキャンセルになってしまう人もいます。そうすると回数券が余ってしまうので、何とかお金に替えたいという人もいるでしょう。

今回はそんな方のために、新幹線回数券の買取情報をまとめました。新幹線回数券を売る際には、いくつかの注意点があります。以下を確認して、確実にお金に替えましょう!

広告

新幹線回数券の種類と買取価格相場

null

基本的な回数券

新幹線の回数券にはどのような種類のものがあるのでしょうか。最も利用者の多い、東海道新幹線の基本的な回数券の仕様としては、6枚綴りで有効期間は3ヶ月となっています。割引率はおよそ3%から5%になっています。東北新幹線や九州新幹線でも回数券の販売は行っており、2枚綴りや4枚綴りというものもあります。これらは観光需要に応えるものが多く、東海道新幹線の場合は主な利用目的は、ビジネス関連が多くなっています。

指定席回数券

また、回数券にも自由席のものと指定席のものがあり、当然、指定席回数券の方が値段が高くなっています。指定席回数券は、値段が高い代わりに、事前に座席を駅の窓口などで指定をしておけば確実に席に着くことができますし、もし指定した時間に乗れなくても、自由席の新幹線チケットとして利用ができるので無駄にはなりません。

自由席回数券

一方で、自由席回数券は非常にシンプルであり、安価な代わりに指定席を利用することは不可になっています。ただ、自由席をいつでも使えるのは大きなメリットです。更に、新幹線の全駅で販売を行っているわけではありません。東京、品川といった大きな駅から発進する新幹線は、ほとんどの駅までの回数券がありますが、静岡県内の小さな駅2つの区間の回数券などは販売していません。あらかじめ注意をしておきましょう。

こういった新幹線の回数券を販売する金券ショップは大きな駅の周囲には大体在しており、買取と販売を行っています。買取の相場としては、85%から95%の間である店が多くなっていますし、店によって多少異なります。

買取の注意点を解説!回数券買取不可のケース

null

使用期限に注意

注意しなければいけないのは、新幹線の回数券すべてが簡単に売却できるわけではないことです。まず、新幹線の回数券は期間が決められていることに注意をしましょう。購入から3ヶ月が利用できる期間なので、当然その期間を過ぎてしまえば、全く価値は無くなってしまいます。

更に有効期間ギリギリのものも買取は非常に難しくなっています。店としても、せっかく買取しても期限を過ぎてしまえば紙くずになってしまうので、有効期間が長いものを買取したいと考えます。また、お盆や年末年始といった新幹線の繁忙期にも利用できません。注意書きにもありますが、12月29日などから正月期間、8月15日の前後は使用できないので、そういった期間が含まれている回数券も場合によっては買取してもらえません。

指定席回数券は買取不可の可能性あり

更に、指定席回数券の買取も行っていないショップもあります。指定席券は自由席券よりも割高ですが、指定席を利用しない人にとってはあまり価値がありません。駅で席をあらかじめ指定しないと使えないので、一般の指定席券よりも使い勝手も悪く、あまり好まれていないのです。ですから、買取ショップで主にやり取りをされているのは自由席回数券となっています。

区間に注意

そして、回数券の区間によって買取が不可という場合もあります。東京や品川から名古屋、京都や大阪などの区間は利用者も多いので、買取はまず大丈夫ですが、例えば小田原から浜松など非常に区間が短く、中途半端では利用者もあまりいません。需要がない区間の回数券はショップも買取をしないのです。

買取額をなるべく高くする裏ワザを紹介

null

需要が増える時期が売り時

売れない回数券がある一方で、高めの査定になる区間やタイミングにはどういったものがあるのでしょうか。需要と供給の関係を考えると、新幹線を利用する客が多い時期は、金券ショップも繁盛します。お盆と年末年始が入らない、3月から4月の時期はビジネス需要も高くなっています。また、この時期には春休みの旅行を安く済ませたい人や観光に使いたい人、上京する人などで多くの人が金券ショップで新幹線のチケットを買い求めます。こういった時期に回数券をまず選ぶようにしましょう。

人気の区間は高価買取

そして、区間も非常に重要です。新幹線の回数券は自由席であることが多いので、必ず座れるとは限りません。そのため、新幹線が発車する始発駅から乗れる自由席券が人気が高くなります。当然東京から乗れる自由席券は需要が高くなりますし、そこからの移動先としてはビジネスでも管区でも、名古屋、大阪、京都は人気が高いので買取価格も高くなるでしょう。

有効期限が重要

そして、有効期限も非常に大切です。残り期限が短い回数券を売りに行っても、金券ショップも当然売る側の事情を推察してきますし、利用期間の短いものを買うことはリスクがあります。ですから、購入して回数券が不要と感じたらすぐに売る方が高い査定額が付きやすいです。2ヶ月を切ってしまうと査定額も下がる傾向にあります。

まとめ

新幹線回数券の買取相場は時期や在庫、店によってもかなり変わってきます。もともとが1万円以上の価値がある回数券が多いので、たった5%でも、買取価格が違えばかなりの差額が生まれますし、複数枚の不要な回数券があればその差はもっと広がります。ですから、事前に綿密な価格の調査をするためにネットの一括査定サイトを利用すれば、確実に高く買取をしてもらえるでしょう。

また、回数券の利用区間も非常に重要なので、極力回数券を買う時は東京からの回数券などを買っておけば、万が一の特機のリスクを減らすことができます。使用方法に関しても細かなルールが決まっていますので、JR各社のサイトで事前によく利用規約を読み込んでおく必要もあるでしょう。

▼ウリドキで買取価格を比較する▼

ウリドキTOP