ローン中のバイクを買取してもらう方法と事前に確認すべきポイント

credit-card
PICOL(ピコル)-バーコードをピコ
ってお金に変える”スピード買取”アプリ

ローンが残っているバイクを売り抜く!


いよいよ本格的な春を迎え、のどかな気持ちが訪れる季節ですが皆様いかがお過ごしでしょうか。プロ野球なども開幕し、アウトドアスポーツも活況になってきますが、ドライブやツーリングのシーズンとも言えますね。今回は、バイクのお話をお届けします。バイクを売りたいけど…実はローンが残っている、そんな事情を抱えた方にスポットを当て、もやもやした気分を解消させるための情報を詰め込みました。バイクを愛する方ならいつ自分の身に起こるかわからないことでもあります。ぜひご一読を、お願いします!

ローン中にバイクを売ることとは


まずローンが残っているのに買取に出したいケースとはどのような状況でしょうか。足元を見つめ直すためにも情報を整理しておきましょう。

ケース(1) Aというバイクを買いローン支払い中であるが、乗らなくなったので売って無駄な支出を無くしたい。バイクの査定額はローン残高より高い。

ケース(2) Bというバイクを買いローン支払い中であるが、支払いが難しくなりBを売って経済的に楽になりたい。バイクの査定額はローンが残高より低い。

ケース(3) Cというバイクを買い分割支払い中であるが、Dというバイクに乗り換えたくなった。

おおむね、こういったケースではないでしょうか。それでは、それぞれのケースについて検証してみます。

残ったバイクローンの扱い


まず、ローン中のバイクの「所有者」はローン会社にあります。乗っているあなたは「使用者」です。ローンの返済が終わるまでは、バイクはあなたのものではなくローン会社の所有物です。レンタルで乗っているようなものです。まずはここを抑えて話を進めましょう。

ケース(1)

バイクを売りたいときに、バイクの査定額がローン残高より高い場合。この場合、原理原則で言えば残ったローンを一括で払って自分が所有権を取ってから、そのバイクを買取に出すことになります。
現金で一括で払えれば何の問題もないのですが、そうはいかないでしょうから、買取ショップに相談しましょう。バイクの査定額がローン残高より高ければ、買取ショップがローン会社と仲介して一旦ローンを一括返済してくれます。そして、バイク買取額とローンの差額があなたの手に渡るわけです。徹底してバイクの所有権はローン会社にあるわけです。

このサービスはすべての買取ショップで行っているわけではありませんので、事前に確認しましょう。

ケース(2)

支払いが難しくなり売却したい。バイクの査定額がローン残高より低い。この場合のバイクの「使用者」ではあるが「所有者」ではないあなたは勝手にバイクを売ることができません。ローン残高を一括で返済できれば所有権は自分に移りますが、できなければ、買取ショップに相談しましょう。
買取ショップに一旦ローン残高を一括返済してもらい、所有権を買取ショップに移します。そして、買取ショップはあなたのバイクを買取し、ローン残高からバイク買取額を差し引いた額で、新たにローンを組み直します。あなたの手元にバイクは無くなりますが、買取額を差し引いたローン残高を月々払うことになります。
こちらのサービスも、事前にショップで対応可能か確認しましょう。

ケース(3)

ローン返済中のバイクがあるが、別のバイクに買い換えたい。
この場合さらに2つに分類します。

ケース(3a)買取に出すバイクの査定額とローン残高の差額を現金で用意できる
ケース(3b)買取に出すバイクの査定額とローン残高の差額を用意できない

まずケース(3a)ですが、買取ショップでの査定額プラス手持ちの現金でローンを一括返済できる場合は、買取ショップがローン会社と話をつけてくれ、所有権は買取ショップに移ります。そこから新たにローンを組んで新しいバイクを買うことになります。

ケース(3b)では、買取のバイクの査定額とローン残高の差額を一旦買取ショップが肩代わりします。そして新しく買うバイクの金額に、古いバイクの残りローンの額を加えた金額で新しくローンを組み直し、返済していくことになります。

ケース2〜3でローンを組み直す時には、金利は同水準が以前より高くなる可能性が高いです。くれぐれも慎重に計画を立てましょう。

ローンの組み替えが期待できる買取ショップ

バイクボーイ


出典:バイクボーイ
バイクボーイではローン中のバイクでも買取OK、と明言しています。上記のケース(3b)の買取金額よりローン残高が大きい場合には、フォロークレジット(提携金融業種・具体的にはオリエントコーポレーション)でローン残高を立て替え、買取を行います。
差額を分割払いで精算していくことになります。

バイクボーイではネット買取査定・無料出張査定、電話買取査定が用意されています。無料出張査定は全国でこでも対応しています。

バイクワン


出典:バイクワン
バイクワンではバイクボーイと同様に、ローン残高をクレジット会社融資のでフォローしてくれます。
ケース(3b)のように買取金額とローン残高の差をを現金で補えない場合には、バイクワンの専門スタッフが相談にのってくれます。
クレジット会社の審査でNGが出て、組み替えローンが利用できない場合があります。
買取には全国対応の出張買取・電話査定・オンライン査定が用意されています。

レッドバロン


出典:レッドバロン
レッドバロンではローン中のバイクでも名義変更・残積確認、処理はおまかせください!と力強く宣言しています。先述の様々なケースに応じて、ショップが提案してくれます。
買取に際しては、他の買取ショップの査定を提示すればその額より3万円多く買い取るというのが謳い文句です。
レッドバロンは「最高値で買取りするために現車を見る」をモットーに、あえて電話査定やネット査定を行わず、出張査定と持ち込み査定に絞る、というこだわりを見せています。

まとめ


いかがでしたでしょうか。今回はローン中のバイク買取にお役に立つ情報をまとめてみました。なかなか複雑な話を整理してみましたが伝わりましたでしょうか。原則としてローン中のバイクはローン会社のものですので、売買や譲渡はできません。買取りショップとしてはいずれのケースでも、一旦ローン会社の残債を一括清算することから話が始まり、ユーザーとして現金補充や分割ローンの組み直しということになります。

ショップとしても一度組んであるローンを崩して、またクレジット審査をする、という手間があるわけですから、利息は元のローンより低くなることはありません。購入前にそのバイクは身の丈に合っているか、自分は飽きやすい性分ではないか、じっくり問うてみる必要はありそうです。

■査定から買取まで完結!専門家が査定する完全無料の一括見積もりに申し込む