トライアンフのバイク買取価格と高く売るコツまとめ

トライアンフ

人気バイクメーカー・トライアンフとは

null
出典:トライアンフ公式HP

バイク好きの中では多くの人に知られている「トライアンフ」。トライアンフはイギリス発祥のオートバイを製造販売する老舗メーカーです。
1902年にトライアンフとしては初めてのオートバイ「ナンバー1」を生産しその名を知らしめます。

トライアンフのバイクは年式によって同じ車種名であっても外観が大きく異なるのが特徴的です。現在は2006年に初期モデルが発表されたデイトナ675をはじめ、スピードトリプル、スプリントなどのオンロードタイプのバイクが主体です。日本でもこのタイプが最も人気を集めていますね。

そのほかにもボンネビルやスラクストンなどモダンクラシックタイプ、アメリカやスピードマスターなどのクルーザータイプも展開しています。創業から100年以上たつ今もなお新しいモデルのオートバイを発表し続けており、バイクファンを魅了しています。

トライアンフバイクの人気モデルと買取価格の紹介

null
出典:pixabay

トライアンフのバイクは日本でも多くのバイクファンに人気を集めています。新車価格が高価なだけあり、新車に手が届かない方は中古で買い求めるケースも多く、中古市場でも人気がありますね。

人気モデルの買取価格

なかでも日本で人気なのは、さきにも説明したようにオンロードタイプのバイクです。「トライアンフデイトナ675」はそのなかのひとつで、600ccクラスでは唯一の水冷並列3気筒エンジンを搭載している点が特徴的です。日本のみならず世界的に人気が高い車種ですね。

こちらのモデルでは、2008年式の美品で83万円、2010年式のキズありのもので72万円で買取されたケースが紹介されています。

スピードトリプルの買取価格

また「スピードトリプル」は2004年式以降の現行に近いモデルが中古市場で少ないため、どのバイクショップにも重宝されています。2011年式の美品で65万円、2008年式のキズありのものでも61万円ほどで買取されたケースがあるようですね。1994年式の事故車であっても20万円の買取値がついたケースも紹介されています。

査定基準をチェック

null

バイクを買取してもらう際、チェックされる査定基準はどういった項目なのでしょうか?まずは年式・走行距離が一番重要になってきます。また、日本の中古市場で人気のモデルであるかどうかも重要ですね。トライアンフの場合は、デイトナ675やスピードトリプル、ロケットⅢなどが主な人気モデルとなっています。

また外観のきれいさも査定項目のなかに入っています。普段からなるべく傷がつかないように、メンテナンスしながら乗っていればその分高額査定が期待できますよ。

またバイクではメーカーのオプションやカスタム車はものによって高く評価される場合があるようです。特別使用車であるかも買取価格に影響してきます。

高く売るコツとは?

null
出典:pixabay

では査定へ出す前に、少しでも高値で買い取ってもらうためのポイントをご紹介しましょう。乗らなくなったバイクにひと手間かけるだけで、ぐんと査定金額に差が出てくる可能性もありますよ!どれも簡単なことばかりですので、ぜひ実践してみてください。

買取UPの時期を狙う

実はオートバイには高値で売れるシーズンがあるんです。同じ車種でも、買取額が高い時期と安い時期とでは最大25%程度もの差がつくともいわれています。

季節的には春から夏にかけてが一番買取相場が上昇します。これはこのシーズン取引台数が増えるからなんですね。ただし、このシーズンを待つがために年数が経過してしまっては、「年式」の査定ポイントに影響してきます。「年式」が新しいほど高額査定が期待できますので、あくまで早めの行動が大切です。

外観をきれいに保つ

バイクの乗り方や日々のメンテナンスの有無は査定額へ大きく影響してきます。査定の前には洗車をして、ピカピカの状態で出してあげたいですね。またステッカーなどを貼っているバイクは、なるべく取っておいたほうが減額対象とならないようです。

付属品はセットで査定へ

中古のバイクは、カスタムされていて、かつノーマルパーツも揃っている車両ほど高額査定の対象となります。これは買い手がカスタムを希望していても、ノーマルを希望していても対応しやすいからなんですね。こういった純正部品のパーツが自宅にあれば、セットで査定へ出すことでさらに高額査定が期待できますよ。

例えばマフラーやチャンバー、ステップ、シート、ヘッドライトなど、車両にかかわるパーツ類で出せるものは一緒に査定へ出しましょう。

買取に必要な書類や手続きとは?

null
出典:pixabay

いざバイクを売ろうと思っても、事前に必要な手続きがありますのでここで整理してみましょう。バイクを売るには「名義変更」の手続きが必要となります。個人的にバイクを他人へ譲渡する場合は、運輸局などを通してこの手続きを済ませておく必要があります。

ただし中古の買取ショップなどを経由する場合は、こういった面倒な手続きを代行してくれることがほとんどです。その場合は店舗へ確認のうえ、以下に挙げた手続きに必要な書類を準備しておきましょう。

排気量が126cc~250cc以下のバイク

・「軽自動車届出済証」(廃車手続きをしていない場合)または、「自動車届出済証返納済確認書」と「軽自動車届出済証返納証明書」(廃車手続きが済んでいる場合)
・「自賠責保険証」
・「身分証明書」
・「印鑑」

排気量が251cc以上のバイク

・「自動車検査証」(廃車手続きをしていない場合)または、「自動車検査証返納証明書」(廃車手続きが済んでいる場合)
・「自賠責保険証」
・「身分証明書」
・「印鑑」

トライアンフの人気バイク、高値買取も夢じゃない!

以上、トライアンフのバイクの売却をお考えの方に知っておいてもらいたい情報をまとめてみました。参考になりましたでしょうか。

トライアンフのバイクは、バイク好きなら誰でも一度はあこがれる世界最古のオートバイですよね。多少キズが付いたりしてしまっても、人気の車種ならば高値での買取も十分に期待できるんです!トライアンフならではの軽快でスピーディかつ安心できる走りを楽しみたいバイカーが、きっとあなたの愛車を探しているはずです!

高く売るためのポイントを参考にして、できるだけ最高値での買取を目指してくださいね。ゲットした資金で新しいバイクを購入したり、ちょっとリッチな生活が送れるかもしれませんよ。

■査定から買取まで完結!専門家が査定する完全無料の一括見積もりに申し込む