美術書の買取相場はいくら?人気買取店と高く売るコツをご紹介

本
在宅ライター募集中

読まなくなった美術書はご自宅に眠っていませんか?

定価が高かったり、現代ではなかなか手に入らない本も存在する価値が高いジャンル美術書。

日本美術を始め、西洋美術や中国美術などどんなカテゴリーの書物でも買取してもらえるチャンスがあります。

今回は、美術書の買取相場のご紹介。そしておすすめの買取り店や売る時のコツなどについてもまとめてご紹介したいと思います。

美術書の買取価格の相場

美術書と一口に言っても、様々な種類のものが流通しています。

絵画や版画、彫刻、焼き物に関する書物など、形は問わず美術に関する本であればほとんどは買取してもらえるでしょう。

今最も価値がつきやすい美術書を中心に、ひとつの買取り店に掲載されていた買取相場をご紹介します。

ひとつのお店が値段をネット上に掲載すると、他のお店も価格を参考にすることが多いため、売る時の参考にしてください。

デザイン関係

日本国内作家

  • 河野三男『タイポグラフィの領域』:2,000円
  • 原弘『グラフィック・デザインの源流』:10,000円
  • 粟津潔『粟津潔作品集全3冊』:15,000円

海外作家

  • Herbert Bayer『The Complete Work』:3,000円
  • ヘルマン・ツァップ『ヘルマン・ツァップのデザイン哲学』:5,000円
  • ポールランド『ポールランド作品集』:20,000円

図録

  • 大阪日本民芸館『英国のスリップウェア』:3,000円
  • 京都国立博物館『古写経聖なる文字の世界』:5,000円
  • 芦屋市文化振興財団『具体資料集ドキュメント具体1954-1972』:20,000円

高く買取される美術書の特徴

ネットで検索すればすぐに購入可能な美術書であれば、より状態の良い綺麗なものの方が高価買取してもらえます。

しかし、古くて入手も困難な有名作家の美術書などは、少々傷んでいても高く買取してもらえる可能性があります。

やはり、最終的に価格を左右するのは、「有名作家の美術書であるかどうか」「現代でも手に入るものであるかどうか」といった要素です。

おすすめの買取店

藍青堂書林

藍青堂書林

《ウリドキ編集部おすすめ店舗》

特徴

  • 一万冊以上の大型買取実績多数あり
  • 書き込みのある古書、洋書も買取
  • 専門書、美術書の買取に特化

店舗紹介

藍青堂書林は、専門書の買取に特化した専門店です。

メディアでも紹介された経験のある店主が、一点一点専専門書を査定しており、マニュアルに則った機械的な査定は行っていません。

大学研究室や専門学校などからの一万冊以上の買取実績もあるので、しっかり専門書の価値を見極めてくれることが期待できそうです。

また、押印や書き込みのある本も買取してくれるので、あまり状態のよくないものでも、一度査定してもらってはいかがでしょうか。

宅配買取なら10冊以上から送料無料で利用することができ、ダンボールなどの梱包材も無料で利用できます。

関西圏に住んでいる場合は、最短即日訪問の無料出張買取を利用することができます。

店舗情報

  • 店舗名:藍青堂書林
  • 電話番号: 0120-544-903
  • 住所:〒535-0003
    大阪府大阪市旭区中宮5丁目11-19 三木ビル1F

ハモニカ古書

ハモニカ古書店
出典:ハモニカ古書店

特徴

  • 事前見積りに対応
  • 宅配送料無料
  • 専門店ならではの価格

店舗紹介

ハモニカ古書店は大阪に実店舗を構える書物専門の買取店です。

美術書は新しいものから非常に古いものまで買取可能。他にも建築関係や、ファッション、絵本、絶版漫画なども取扱っています。

美術書であれば、数千円から数万円もの価値をつけてくれる可能性があります。

また、写真画像を添付するだけで可能な事前見積りに対応しています。

宅配買取は全国で送料無料なので、まずは事前見積もりをお願いしてみてはいかがでしょうか。

高価買取のコツ

高価な美術書の場合は、安価で売ってしまうと後々後悔してしまい兼ねません。

後悔のない取引にするためにも、査定に備えてやっておきたいことや、知っておきたい事を事前にチェックしておきましょう。

できるだけ綺麗な状態で査定へ

保存状態が良く、中見も問題なく目が通せるくらいの品質であることが、古書の査定基準には求められます。

美術書の場合は、特に絵やデザインがしっかり見れる程度の品質でなければ、売りにくいと考えておく必要があります。

査定時にも適度にホコリは落とし、できるだけ綺麗な状態で査定をしてもらうことで高価買取に近付きます。

本が傷む前に早めに買取してもらうというのもひとつの手です。

いくつかの店の価格を知っておく

可能であれば、2~3店に価格を問い合せておきましょう。

美術書の中でも、店によって得意とするカテゴリーはやや異なるためです。

メールやLINEを使った事前査定では、写真画像を添付するだけで問い合わせられるので、気軽に利用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

美術書の相場や売る時のコツなどをご紹介しました。

今回ご紹介した情報を参考に、ぜひ高価買取を狙ってみてください。

■複数の専門家たちが一括査定!最新の買取相場を知りたい方はこちら(完全無料)